藍染め体験

だいぶ前の話ですが・・・。そしてこの間もちらっと触れたのですが・・・。
 
GWにTシャツの藍染め体験に行ってきました。体験なんて・・・と思ってたのですが、観光用の体験ではなく本物により近い体験でした。
 
まず、藍作りや、その歴史について講義。質疑応答。色々なことを初めて知りました。印象に残ってるのは、藍(インディゴ)と言っても二つの種類にわけられるということ。化学染料を用いたインディゴと、化学染料を用いていない藍(すくも)のジャパンブルー
 
化学染料を用いたインディゴは手間がかからず、量産でき、安価なため広く普及しているそう。ここ最近、インディゴブームのようですがそのほとんどは化学染料でそめているのではないかな。化学染料を用いていない藍(すくも)からつくるジャパンブルーは、手間がかかり、量産ができないため、インディゴに取って代わられたそう。手間やコストの割に儲けが少ないため、藍農家はどんどん減っています。
 
では、インディゴとジャパンブルーの違いは何か。色落ちの違いだとおっしゃってました。インディゴは、粒子が小さく生地に食いつく力が弱い。ジャパンブルーは、粒子が大きく生地に食いつく力が強い。というようなお話をされていました。その話を聞いたとき、なぜかパックマンを思い浮かべてしまいました(笑)小さなパックマンは噛む力が弱く、大きなパックマンは噛む力が強い。
僕はてっきり逆だと思ってました。小さな粒子がぎゅうぎゅうに噛みついてるのがジャパンブルーだと思ってたのです。このはなしには、思わず「へぇー。」と声が出ました。
 
ということで、ざっくりに言うと、インディゴはすぐに色落ちしやすく経年変化を早く楽しめることができる。ジャパンブルーは色落ちがしにくく経年変化をじっくりと楽しむことができる。という違いみたいです。先生の『ジャパンブルーは色褪せるのではなく、洗いをかけると色がどんどん鮮やかになる。』という言葉が今も心に残ります。
 
質疑応答が終わると、いよいよ染め体験。の前に、休憩。藍のお茶が出てきました。↓

f:id:monogusatarosan:20160829081223j:image

青い色なので見た瞬間、ぎょっとしました(藍なので青いのは当たり前ですが)。飲んでみると、さわやかな麦茶、えぐみのない麦茶といった感じでした。
 
一息ついて、いよいよ染め体験。染料が入っている罐の蓋(かま)を開けると、どくとくな匂いがあたりに漂います。卸したてのジーンズのような。剣道をしたことのある人なら分かると思いますが、真新しい袴の匂い。あ~、この匂い懐かしいなぁ 落ち着くなぁと思ったのは、きっと僕が剣道をしていたからです。
 
罐は全部で三つ。発酵具合が違うのでそれぞれ色の濃さが違います。僕は濃い色で模様なしのものを作ろうと思ってたので、一番、濃い状態の甕を希望しました。模様も自分のオリジナルが出せます。ボーダー、絞り、などなど。作り手によって様々です。
 
サイズを選び、いよいよ染色します。このTシャツ↓
 

f:id:monogusatarosan:20160829081302j:image

 
「柄なしで、一番濃い色にしたいです。」とお願いしました。
手順は、
①肩(写真の手の位置)の部分を持って、甕にゆっくりと浸していく。
②繊維の間に潜む空気を手でしぼって逃がす。襟、袖の部分は特に念入りに。
③染料が充分染みたら、甕から出し、ぎゅっとしぼって余計な染料を出す。
④Tシャツを空気に触れさせる。
これを3回繰り返します。
 
染料は空気に触れることでジャパンブルーに染まるので、むらなく均一に仕上げるためには、③④の作業を素早く行わないといけません。さらに④の作業は、鯉のぼりが風でたなびいてるようにTシャツの中まで空気を通します。
 
染色が終われば、後処理。それぞれ、水の入った樽が3つあって、それぞれに一回ずつ水にさらします。その後脱水して、室内干し。
僕は素手で作業をしたので写真の通り。(ゴム手袋も借りられますが、せっかくなのでと断りました(笑))
 

f:id:monogusatarosan:20160829081240j:image

 
爪のブルーはしばらく残ってくれました。
 
室内干ししている間、藍の畑を見学。快晴で気もちのよい青空が広がってました。
 

f:id:monogusatarosan:20160829081249j:image

 
これにて体験終了。ですが、よりよい藍染めTシャツにするために家での後処理が待っていました。

復帰!スキムボード!

左太ももの肉離れを起こしてから、2カ月強。やっとスポーツ可のお許しが出ました。全力ダッシュはまだまだ制御。リハビリも継続。という条件付きで。
 
お許しが出てから、早速、翌々日に体の試運転してきました。助走時、テイクオフ時、太ももの違和感なし。逆に、軽く走っているだけなのに、スピードが出ている気がするし、テイクオフも安定してきた気がする(笑)
 
これからぼちぼちやっていきます。復帰、第一弾!↓
 

f:id:monogusatarosan:20160727181853p:image

 

何の花だったけな?

何の花だったけな?
母の日に送った花束。
きれいなグラデーション。

f:id:monogusatarosan:20160721192022j:image

 

海遊びグッズ


 

海遊びのグッズ届きました。波が薄く伸びた水面や、水たまり(海だまり?)のようなところで遊びます。ジャパンシリーズ第一号。

f:id:monogusatarosan:20160712045950j:image

滑り止めのテープを貼って、これで遊ぶ準備完了!

 

f:id:monogusatarosan:20160712045947j:image

あとは、肉離れが一日も早く回復しますように。(笑)

6月29日

6時起床。雨上がりの朝。庭のヒメイワダレソウがもっこり。いい感じで増殖中。洗濯をすませ、コーヒーを淹れ、パンを食べる。バックミュージックはスーパーフライ。テンションがあがる。さて、今日も一日、たんたんといきますよ。

後処理中

藍染めTシャツの後処理作業のあいまに休憩。後処理することで、色落ちをある程度防げます。ということでした。
好きなパン屋のモンブランパンと、藍染めのカップ。

f:id:monogusatarosan:20160603055859j:image

リハビリ

 先週、肉離れを起こしてから、毎日シップをして過ごしてだいぶましになってきた。靴の着脱時に若干の違和感が残る程度。ということで、今日の夕方からリハビリ開始。リハビリといっても、日常生活に困ることはないわけで、このままシップし続ければいつかは完治するのだけど。せっかく始めたスキムボード、また楽しみたいもんね。けど、肉離れを繰り返して痛い思いもしたくない。だから、砂浜をダッシュしても安心なようにということでリハビリをします。
 梅雨の時期のようで、そうでない。そんな中途半端な日々。今日の朝もさわやかです。湿気なんて感じられません。昨日は室内でも肌寒くて、薄手のトレーナーを着たくらい。こんな天気がいつまで続くのか。梅雨入りして、それが明けるくらいにはリハビリも終わって、いよいよ本格的にシーズンイン。となってたらいいな。
 最近は少しイライラ気味。自分の思う通りにいかなくて当たり前なのにな。子どもが思う通りにならない。自分の思い描くスケジュール通りにならない。網戸がゆがんで動かない。今日はイライラしなくて済むように、大きく深呼吸しながら過ごします。